戦争に向かうとどうなるのか

今日は、
戦争になるとどうなるのか?を知る方法をお伝えします。


学校の歴史で戦争について習うと、 
ある日突然戦争が始まるような印象を受けます。

例えば、太平洋戦争だったら12月8日開始となっているので 
その日に突然始まったかのようです。


しかし、実際には、その前から、小さい衝突があったり、 
外交交渉の決裂があったりして、 
じょじょに緊張感が高まり、最終手段として開戦しているのです。

まさに「開戦やむなし。」というわけです。


第二次世界大戦においては、 
昭和6年の満州事変から、昭和8年の国際連盟脱退、 
昭和12年の日中戦争、昭和15年の日独伊三国軍事同盟があって、 
その後、アメリカとの戦争につながっているのです。

そして、国民の生活も、昭和の初期から昭和20年までの間に 
どんどん変化していっているのです。

具体的には、大正末期は文化的で比較的豊かであったのが、 
関東大震災で大被害を受け、治安維持法により自由を奪われ、 
その後戦争になって貧しく苦しい生活を余儀なくされたのです。


こういった状況下において、人々が何を考え 
どのように暮らしていたのかは 
教科書や歴史書には詳しく書いてありません。

そこで、こういった状況を学ぶのにオススメなのは 
水木しげるのマンガ「昭和史」です。

これを読めば、国としての変化と、国民の生活の変化を 
両方知ることが出来るようになります。

そして、戦争へ向かって世の中が変化し、 
戦争に突入して、次々に人が死んでいく状況がわかるようになります。


そのため、戦争になるということがどういうことなのかを 
あまりイメージできない方は、 
この機会に、ぜひ読んでおくことをオススメします。

僕のライン@では有益な情報を発信しています。
無料で登録出来ますので、宜しくお願い致します。

あなたにとってデメリット、リスクは全くありません。

ライン@はこちらからお願い致します↓↓

SK99@dhg1127z

http://line.me/ti/p/%40dhg1127z

友だち追加

ご意見、質問などございましたらライン@から宜しくお願いします。

SK99

The following two tabs change content below.

sk99

sk99です。 33歳フリーターです。 アパートの家賃収入と転売と趣味も兼ねてのアルバイトの給料で生活しております。 なぜフリーターがアパートを購入できたのか? まずはこのブログをしっかり読んで僕のライン@へ無料で登録してください。 ライン@では僕がアパートを買う資金を集める為に実践した有益な情報を発信しております。 宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です